よりみち話

龍馬も大坂から京へ上るのに使った三十石船

江戸時代、京の伏見と大坂(現:大阪)を結ぶための
重要な交通手段だった三十石船(さんじっこくぶね)は、
淀川を上り下りして人や荷物を運んでいたんです。

上の写真は、寺田屋に飾ってあったもので、
写真ではわかりづらいですが、
この船には寺田屋の旗が立てられていますね^^

三十石船は、夜伏見を出ると、翌早朝に大坂に着き、
大坂を朝早く出て夕方に着くのが通例だったそうです。

伏見から大坂へ下るのは、川の流れがあるので良いのですが、
大坂から伏見へは、流れに逆らうの流れの速いところなどは
船頭が岸に上がって、綱を引いて上ったといわれています。
大変な力仕事ですよね^^;

だから、運賃は上りの方が、下り運賃の2倍以上したようですよ^^

お登勢寺田屋
寺田屋外観
当サイト伏見区史跡マップ①番の位置 MAPはこちら>>

伏見の船着き場は、平戸橋・蓬莱橋・京橋・阿波橋の
4か所あったそうです。

その中の京橋に、龍馬がよく利用し、
妻となったおりょうが龍馬のあっせんで
お登勢の養女扱いで居た、寺田屋があったんですね。

寺田屋はま石碑寺田屋前の川

寺田屋の前には、寺田屋浜の石碑があります。
ここから、この記事の一番上にある写真の船が
大坂へ向かって出ていったんですねえ^^

龍馬が寺田屋で伏見奉行所の役人に襲われて
深い傷を負いながら逃げ出して、
薩摩藩に庇護されたのち、薩摩(現:鹿児島)へ養生に行くのに
いったん大坂へ向かう船もここから出たんでしょうか。

現在は川幅は幕末当時よりも半分くらいになっているそうです。
この川幅では、当時三十石船でにぎわった面影は
感じられませんね^^;

八軒家船着場石碑大川
天満屋船着場石碑 当サイト大阪市中央区史跡マップ②③番の位置 MAPはこちら>>

大坂にも船着き場は、八軒家・淀屋橋・東横堀・道頓堀と、
4か所あったようです。

その中の天満橋八軒家の船着き場の堺屋は、
寺田屋と提携していたので、
龍馬も大坂では、堺屋をよく利用していたようですね。

大川(旧:淀川)は、ゆったりとした流れでした。
伏見の宇治川派流もこんな広い川だったのかも
しれませんねえ^^

20141216_38_5

この絵は、安藤広重の天保5(1834)年頃に描かれた
「浪花名所図絵」です。

天満橋八軒屋浜で船から荷物や人が
乗り降りしている様子が描かれていますね^^

八軒家常夜燈1八軒家常夜燈2
八軒家常夜燈(生國魂神社) 当サイト大阪市天王寺史跡マップ②番の位置 MAPはこちら>>

大阪の生國魂神社の北門にある一対の常夜燈は、
江戸時代八軒家浜にあったものを移したものなんです。

埋もれてしまっていますが、八軒家と書かれていました^^

スポンサーリンク







スポンサーリンク




関連記事

  1. 近江屋跡 龍馬と慎太郎最期の場所「近江屋」
  2. 東粉浜小学校 幕末にあった土佐藩の大坂住吉陣屋跡地とゆかりの地
  3. 錦小路薩摩藩邸跡地 薩摩藩の京都で最初にできた藩邸は錦小路
  4. 二本松薩摩藩邸石碑 幕末の重要拠点二本松薩摩藩邸
  5. 三条駅 京都東山区にある坂本龍馬史跡マップ
  6. 龍馬とおりょう像 まことにおもしろき女!龍馬の妻『おりょう』
  7. 真言坂石碑 大阪天王寺区にある坂本龍馬史跡マップ
  8. 下京区のエリアマップ 京都下京区にある坂本龍馬史跡マップ

ピックアップ記事

  1. 円山公園銅像
  2. 陸援隊跡地
  3. 錦小路薩摩藩邸跡石碑
  4. 二本松薩摩藩邸跡地
  5. 二本松薩摩藩邸石碑
京大キャンパス
  1. 西宮砲台外観
  2. 円山公園銅像
  3. 同志社
  4. 阪急三宮駅
  5. 近江屋跡
  6. 神戸海軍操練所史跡
  7. 住吉陣屋石碑
  8. 小松帯刀屋敷跡石碑
  9. 御所の門
  10. 龍馬とおりょうパネル
  11. JR高知駅龍馬像
  12. てんまばし

ピックアップ記事

  1. 半平太と寅太郎寓居跡
  2. 阪急三宮駅
  3. 土佐四天王の像
  4. 無動庵
  5. 土佐藩邸跡石碑

アーカイブ

スポンサーリンク




おすすめ記事

  1. 尊王攘夷の急先鋒、京都の「吉村寅太郎」 吉村寅太郎寓居跡説明板
  2. 四条から三条にかけて河原町界隈にある幕末史跡今と昔 阪急河原町駅
  3. 京都にある坂本龍馬ゆかりの地 京都御所正門
  4. 京都御所の蛤御門に残る「禁門の変」の跡 蛤御門
  5. 薩摩藩士五代友厚の大阪にある3つの銅像と住居跡とお墓巡り 五代友厚大阪商工会議所銅像
  6. 京の「武市半平太(瑞山)」仮住まい石碑 武市瑞山寓居跡
  7. 京における幕末土佐四天王の働き 土佐四天王の像
  8. 幕末京都時代の桂小五郎
PAGE TOP