よりみち話

台風19号で龍馬や半平太、慎太郎も避難!?

JR高知駅龍馬像

(写真:Yahoo!ニュースより引用)

今日(2014年10月12日)のYahoo!ニュースに、載っていました。

今回の超大型台風19号の接近に備えて、
JR高知駅前に立っている、坂本龍馬、武市半平太、中岡慎太郎の
3人の志士の像が撤去されて台風が過ぎるまで
高知県内の倉庫で保管されるそうです。

高知駅前龍馬像

こういう像って、ずっとその場所にあるものだと思っていましたが、
保管のために撤去することがあるなんてびっくり!(笑)

実は、この像って、発泡スチロール製なんだそう!

ちょっと意外^^

発泡スチロールでできているから、
強風が吹くと壊れたりするかもしれないんでしょうねえ。

でも発泡スチロール製とはいっても
なんと、重さは約400㎏もあるそうなんですよ^^

比較的高知県は、昔から台風がよく来るところのようで、
龍馬は台風が来るのを予測して当てるのが上手だったとか?

“龍馬が江戸(現:東京)で台風が来そうになると、
千葉道場の門人を集めて、近所へ報せに行かせたり、
道場の窓や雨戸に板を打ち付けたりして、
とてもみんなにありがたがられた。”

なんてことが、
司馬遼太郎氏の「竜馬がゆく」の中にもありましたね^^

そんな龍馬が、まさか自分が撤去されて、
守ってもらう側になるなんて
思ってもいなかったでしょうね^^

台風の接近で、高知駅前の3志士達の像が撤去されるのは、
今年に入ってから2回目で、前回は7月にきた台風8号のとき。

でもその前の撤去は、2011年7月だったそうなので、
今年の台風の威力がわかりますよねっ。

やっぱり年々異常気象が増えてるんでしょうか…^^;

この撤去を最後に、異常気象もなく、
これから先はずっと、龍馬たちに見守っていてもらいたいもんですね^^

スポンサーリンク







スポンサーリンク




関連記事

  1. 薩摩伏見屋敷石碑 寺田屋事件で龍馬が運ばれた薩摩藩伏見屋敷の間取絵図発見
  2. 龍馬も大坂から京へ上るのに使った三十石船
  3. 鴨川 京都で幕末の志士たちが集った旅館や料亭
  4. 坂本龍馬肖像画写真 龍馬暗殺直前に福井藩へ書いた直筆の手紙新発見!
  5. 京都御所 京都御所の各御門マップ
  6. 龍馬像撤去 平成27年今年も高知駅前の龍馬像は台風11号で避難中
  7. 無動庵 嵯峨野嵐山にある土佐四天王像と天龍寺
  8. 阪急河原町駅 四条から三条にかけて河原町界隈にある幕末史跡今と昔

ピックアップ記事

  1. 酢屋外観
  2. 岩倉具視旧宅外観
  3. 霊山護国神社境内
  4. 吉村寅太郎寓居跡説明板
大阪市福島区中央市場前交差点
  1. てんまばし
  2. 土佐藩邸跡石碑
  3. 大阪海軍塾跡地
  4. 中京区西側
  5. 東粉浜小学校
  6. 土佐四天王の像
  7. 阪急河原町駅
  8. 京阪七条駅
  9. 近江屋跡
  10. 半平太と寅太郎寓居跡
  11. お登勢写真
  12. 神戸交通センタービル
  13. 鴨川

ピックアップ記事

  1. 土佐浪士寓居跡
  2. 近江屋跡
  3. 蛤御門
  4. JR高知駅龍馬像
  5. 小松帯刀屋敷跡石碑

アーカイブ

スポンサーリンク




おすすめ記事

  1. 龍馬の隠れ家「酢屋」がある龍馬通 龍馬通看板
  2. 幕末の重要拠点二本松薩摩藩邸 二本松薩摩藩邸石碑
  3. 尊王攘夷の急先鋒、京都の「吉村寅太郎」 吉村寅太郎寓居跡説明板
  4. 大阪にもあった勝海舟の海軍塾 大阪海軍塾跡地
  5. 大阪の土佐藩住吉陣屋で使われていた今も残る石垣 住吉陣屋石碑
  6. 京の「武市半平太(瑞山)」仮住まい石碑 武市瑞山寓居跡
  7. 京都市上京区の幕末史跡を訪ねて歩く 同志社
  8. 京都下京区にある勤王志士幕末史跡マップ 島原大門
PAGE TOP