京都市

龍馬通り商店街を歩く

龍馬とおりょうパネル

寺田屋から歩いてすぐのとことに、
「龍馬通り商店街」という名前の商店街があって、
龍馬グッズを扱っているおみやげ屋さんや
水出しコーヒーで有名な喫茶店などがありましたよ^^

龍馬通り商店街

龍馬の名前がつく商店街だけに、
歩きながらお店をちょっと覗くと、
お店には、龍馬のポスターが貼ってあったりと、
龍馬を意識した感じになっています。

龍馬館
『龍馬館』という名前のとおり、
坂本龍馬と新撰組に関するグッズやおみやげ物を
あつかっているお店です。
この商店街の中では、一番龍馬を前面に出しているお店でした。

龍馬とおりょうパネル
龍馬館の横には、龍馬と妻おりょうになったつもりで
写真を写すことができるパネルと、
伏見区界隈の名所の地図がありました。

カップルで来ていた人たちがパネルを使って
写真を撮っていましたねえ。

私も今回主人と一緒に行きましたが、
撮ってくれる人もいなかったし、
小恥ずかしいのでさすがに断念しました^^;

龍馬の絵シャッター
商店街にあるお店のシャッターにも龍馬の絵が描かれています。
寺田屋事件をイメージしたもののようで、
龍馬がとって強そうな姿で描かれていますね^^

きた家
『きた家』という喫茶店です。

出かける前にインターネットで調べた時、
龍馬を感じながら休憩できそうな感じだったので
寄ってみました。

お店に入った感じは、龍馬ファンのための喫茶店というより、
地元の方々がくつろぎに来るといった雰囲気のお店でしたね。

有料ですが、タロット占いもしてくれるようですよ^^

きた家コーヒー

このお店のおすすめメニューは、
伏見の名水を使った『水出しコーヒー』。

味は、渋みもなくマイルドな飲みごこちで、
普通のコーヒーだと胃が気持ち悪くなる私でも
おいしく飲めました^^

こちらの商店街は、『龍馬通り商店街』という名前なので
もっと観光客相手のお店が連なっているのかと思いましたが、
全体的には、地元の方向けのお店が並んでいる
印象を受けました。

龍馬をどっぷり感じたいと寺田屋に行った方に合うお店は
『龍馬館』になるかなあと思います^^;

龍馬通り商店街は、寺田屋を出て、東側一つ目の筋を
曲がったところから南北にお店が並んでいます。

この商店街を抜けても、さらに商店街が続いているので、
それを北へ抜け、一つ東側の筋をさらにもう少し北へ歩くと、
右手に松林院墓地があります。

お登勢松林院
松林院(お登勢の墓)
当サイト伏見区史跡マップ⑥番の位置 MAPはこちら>>

この松林院墓地に、寺田屋の女将『お登勢(おとせ)』が眠っています。

寺田屋からなら15分くらいで歩いて行けると思いますよ^^

関連記事

スポンサーリンク







スポンサーリンク




関連記事

  1. 二本松薩摩藩邸跡地 幕末の歴史的転換「薩長同盟」
  2. 池田屋跡石碑 尖鋭勤王志士達の悲劇「池田屋事件」
  3. 三条駅 京都東山区にある坂本龍馬史跡マップ
  4. 土佐四天王の像 京における幕末土佐四天王の働き
  5. 吉村寅太郎寓居跡説明板 尊王攘夷の急先鋒、京都の「吉村寅太郎」
  6. 円山公園銅像 武力討幕派の志士、陸援隊隊長「中岡慎太郎」
  7. 嵯峨嵐山看板 京都右京区にある坂本龍馬史跡マップ
  8. 霊山歴史館 幕末維新ミュージアム「霊山歴史館」を見学

ピックアップ記事

  1. 阪急河原町駅
  2. 坂本龍馬酢屋石碑
  3. 天保山跡石碑
  4. 京都御所
  5. 大物公園
山本文之助の墓
  1. 五代友厚大阪商工会議所銅像
  2. 陸援隊跡地
  3. 神戸交通センタービル
  4. 霊山歴史館
  5. 錦小路薩摩藩邸跡石碑
  6. 龍馬像撤去
  7. JR高知駅龍馬像
  8. 近江屋跡
  9. 京都御所
  10. 坂本龍馬酢屋石碑
  11. 相国寺薩摩藩士の墓
  12. 龍馬ゆかりの地兵庫
  13. 寺田屋

ピックアップ記事

  1. 薩摩伏見藩邸石碑
  2. 京都御所
  3. 古高俊太郎石碑
  4. 海援隊員一覧
  5. JR高知駅龍馬像

アーカイブ

スポンサーリンク




おすすめ記事

  1. 幕末維新ミュージアム「霊山歴史館」を見学 霊山歴史館
  2. 忘れかけられた龍馬を時の人にした田中光顕 陸援隊跡地
  3. 嵯峨野嵐山にある土佐四天王像と天龍寺 無動庵
  4. 将軍徳川慶喜、二条城で大政奉還を諮問 二条城外観
  5. 国の史跡に指定「岩倉具視幽棲旧宅」 岩倉具視旧宅外観
  6. 寺田屋事件で龍馬が運ばれた薩摩藩伏見屋敷の間取絵図発見 薩摩伏見屋敷石碑
  7. 坂本龍馬と幕末志士たちの墓 龍馬の墓
  8. もともとは龍馬の仇だった!後藤象二郎の維新前後の関西 近代製紙業発祥の地石碑
PAGE TOP