大阪府中央区

  1. 近代製紙業発祥の地石碑

    もともとは龍馬の仇だった!後藤象二郎の維新前後の関西

    後藤象二郎(ごとうしょうじろう)は、土佐藩上士だった人です。龍馬たち郷士とは違い、藩主の山内容堂(やまうちようどう)とも謁見できるレベルの士族ですね。2人は幕末の最期の段階、大政奉還の時期に手を組みました。今回は明治維新前後…

  2. 陸援隊跡地

    忘れかけられた龍馬を時の人にした田中光顕

    明治時代になって世間から龍馬が忘れられていたときに、時の昭憲皇太后の夢枕に龍馬が立ち、日露戦争の勝利を誓ったという話を新聞が取り上げたことで龍馬は時の人となって改めて世間に認知されたんです。その立役者が田中光顕なんです。

  3. 大阪海軍塾跡地

    大阪にもあった勝海舟の海軍塾

    幕末、神戸海軍操練所ができるまでの約半年間、大阪に勝海舟私塾の海軍塾があったんです。ビジネスマンが多く闊歩する中央区の本町界隈に海舟が寓居を構えてそこで海軍塾を開いていたそうです。龍馬も何度も通っていたそうですよ^^

  4. 龍馬も大坂から京へ上るのに使った三十石船

    江戸時代には、龍馬たちも利用した京の伏見と大坂を結ぶ重要な交通手段、淀川を上り下りする三十石船がありました。今回は伏見寺田屋浜と大阪の天満にある八軒家船着場跡をご紹介します。

  5. てんまばし

    大阪市中央区にある坂本龍馬史跡マップ

    大阪市中央区は、ビジネスマンの多い街ですが、実は幕末ゆかりの史跡もあるんです。勝海舟が神戸海軍操練所ができるまで私設海軍塾を開いていたのも中央区で、ここに龍馬も訪れています。京都伏見へ舟で行くための船着き場、天満八軒屋も今の中央区になりますね^^

ピックアップ記事

  1. 小松帯刀屋敷跡石碑
  2. 二条城外観
  3. 京都御所正門
  4. 坂本龍馬肖像画写真
  5. 上京区エリアマップイメージショット
明保野亭1
  1. 大物公園
  2. 近江屋跡
  3. 土佐浪士寓居跡
  4. 御所の門
  5. 龍馬ゆかりの地兵庫
  6. 伏見区中書島駅
  7. 山本文之助の墓
  8. 薩摩伏見藩邸石碑
  9. 嵯峨嵐山看板
  10. 武市瑞山寓居跡
  11. 阪急河原町駅
  12. 陸援隊跡地
  13. 寺田屋

アーカイブ

スポンサーリンク




おすすめ記事

  1. 三条から御池界隈の幕末史跡めぐり 半平太と寅太郎寓居跡
  2. 龍馬を感じながら三年坂を歩く 明保野亭1
  3. 大阪の土佐藩住吉陣屋で使われていた今も残る石垣 住吉陣屋石碑
PAGE TOP