まことにおもしろき女!龍馬の妻『おりょう』

龍馬とおりょう像寺田屋前の船着き場
寺田屋向かいの宇治川派水川べりにある龍馬とおりょうの銅像

龍馬が故郷へ送った手紙に書いた
『まことにおもしろき女』それが「おりょう」
龍馬の妻となった女性です。

龍馬が寺田屋事件で負った傷を癒すために
薩摩藩の西郷隆盛らのすすめで
薩摩(現:鹿児島)へ湯治に行きました。

龍馬とおりょうは、船で薩摩へいくためには、
いったん大坂(現:大阪)へ下る必要があるので、
寺田屋の前の川から、舟に乗ったんですね。
 

おりょう独身時代住居跡
当サイト中京区史跡マップ⑤番の位置 MAPはこちら>>

龍馬とおりょうが知り合う前後に、おりょうが住んでいた辺り
といわれる場所の石碑です。
現在の京都河原町周辺に石碑はあります。

おりょうは、もともとは裕福な家庭で育ちました。

独身時代の本名は、「楢崎龍(ならさきりょう)」といい、
父は医師の楢崎将作(ならさきしょうさく)で、
青蓮院宮の侍医でもあり、母と妹2人、弟2人の家族でした。

父は、勤王家でもあったため、
井伊直弼(いいなおすけ)による安政の大獄で幕府に捕らえられ、
その後亡くなり、生活に困るようになったんです。

それでおりょうは奉公に出て、
この木屋町あたりに住んでいたそうです。

実はこのころに、おりょうの気性がわかる出来事があったんです!

後日龍馬がその出来事を知り、
故郷の乙女姉に送った手紙によると、

『そのもの(悪者)の悪者の胸ぐらをつかんで、
顔をしたたか殴りつけ、「そのほうがだまして大坂に連れてきた
妹を返さなければ、命をもらうぞ」と言うと、
悪者は「女のやつ(おりょう)殺すぞ」と言った。

その女は「殺し殺されにはるばる大坂に来た。
それはおもしろい、殺せ殺せ!」と言ったところ、
さすがに殺すわけにはいかず、とうとうその妹を受け取って
京都へ連れて帰りました。珍しいことです。』

悪い人にだまされ、妹が大坂の女郎に売られていったのを知り、
おりょうは、死ぬ気で懐に刃物を入れて、
大坂まで自分ひとりで妹を取りもどしに行って成功したんです。

相当肝っ玉の据わった、度胸のある女性ですよね^^

龍馬のような枠にはまらない感性の持ち主の目から見ると、
おりょうの行動は、とてもおもしろく
魅力的に映っていたんでしょうね。

また、おりょうは、誰もが振り返るほどの美人だったそうです。
(この記事の下の方におりょうの写真があります。)
 

寺田屋外観
京都市伏見区にある寺田屋
当サイト伏見区史跡マップ①番の位置 MAPはこちら>>

妹を大坂から取り返しにいったあとも、おりょうの家族は、
食うや食わずの生活でとても大変だったようです。

そこで龍馬は、伏見にある船宿「寺田屋」女将のお登勢(おとせ)
おりょうの面倒を見てもらうようお願いしました。

おりょうだけでなく、おりょうの家族みんなを、
それぞれ人に預けて困窮から救っているんですね。

おりょうは、お登勢に養女扱いで面倒を見てもらい、
寺田屋に居た際は、「お春」と名前を変えていたようです。
龍馬とのかかわりを幕府側から偵察されるのを
避けるためだったんでしょうか。
 

おりょうが入った風呂桶寺田屋裏階段
おりょうが入っていた風呂桶と駆け上った裏階段

京都で薩摩藩と長州藩の中をとりもち、
薩長同盟の締結に成功し、慶応2年1月23日の夜中に、
寺田屋に戻って三吉慎蔵(みよししんぞう)
祝杯をあげていました。

そのとき、伏見奉行所の役人たちに踏みこまれました。

踏みこまれたとき、おりょうは入浴中でしたが、
何も着ず裸のままで裏階段を上って、
龍馬たちに役人が来たことを伝えたんです。

それによって龍馬たちは体勢を整えることができ、
傷を負いながらも逃げ出すことができたんですね^^
 

伏見薩摩藩邸跡
龍馬たちがかくまわれた薩摩島津伏見屋敷跡の石碑
(伏見区東堺町の松山酒造前)

当サイト伏見区史跡マップ⑤番の位置 MAPはこちら>>

龍馬たちが役人たちと応戦しているとき、
おりょうは誰に指図されるまでもなく、伏見の薩摩藩邸に
寺田屋で龍馬たちが襲撃されていることを報せに行ったんですね。

この機転の良さ、窮地に立たされた時の本能的な行動力は、
ほんとうにすごい!

こりゃ、龍馬でなくても、おりょうに心底惚れるだろうし、
大切にしないといけないって思いますよね^^

寺田屋事件の記事はこちら>>
 

龍馬とおりょう祝言石碑
龍馬とおりょう祝言の地の石碑
当サイト東山区史跡マップ⑥番の位置 MAPはこちら>>

龍馬とおりょうは、寺田屋事件のあとに西郷隆盛ら薩摩藩の好意で、
鹿児島へ日本人初の新婚旅行といわれる旅に出向いています。

以前は龍馬とおりょうが結婚したのは寺田屋事件のあと
西郷隆盛もしくは中岡慎太郎(なかおかしんたろう)
媒酌によるものと言われていましたし、
私も長い間そう思っていました。

それは、龍馬が書いた手紙の中で、おりょうのことを『妻』と
表現しているのが慶応2(1866)年12月4日以降だからですね。

が、龍馬が生きていた時代よりずっと後、
明治32年ごろのおりょうの談話によると、

「寺田屋事件よりも1年半ほど前に、内々の結婚式をした。」

と語っています。

このことから、こちらの石碑は作られたようです。

私が知っている通説が間違っていたのか、
おりょうの記憶違いなのか…

まあ、龍馬と結婚したおりょう本人が言っているので、
おりょうが寺田屋に預けられる前から、
実は龍馬とおりょうは、別居夫婦だったのかもしれませんねぇ^^;

おりょう30代おりょう晩年

左側の写真は、30歳のころのおりょうではないかと
いわれている写真です。

おりょうが美人だったことや逸話を考えると、
写真の女性の表情や雰囲気から、
「この写真はおりょうだ。」と言われれば、
「そうかなのかも。」とは思いますが…

右側の写真は、おりょうの晩年の写真で、
明治32年に撮られたものです。
こちらは本物だとはっきりしています。

目が二重ではっきりとしていて、
今の時代でも美人の部類に入るんではないでしょうか。

ただ右の写真と比べると、
目の大きさが全然違って見えるんですよねえ。
2枚ともおりょう本人の写真なのかなあ?
 

今回は、京都での龍馬とおりょうについて書きました。
それ以降のおりょうについては、また後日!

史跡歩きメニューへ↑

関連記事

 

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ