龍馬と慎太郎最期の場所「近江屋」

近江屋跡
近江屋跡地 当サイト中京区史跡マップ②番の位置 MAPはこちら>>

慶応3(1867)年11月15日、誕生日と同じ日に
龍馬は天に召されました。

京の河原町にある近江屋でこの日、
龍馬と中岡慎太郎(なかおかしんたろう)
そして下僕の藤吉(とうきち)の3名は、
近江屋で何者かに襲われました。

近江屋は、龍馬がここに来るまで住んでいた
材木屋の酢屋を幕府側が目をつけだしたため、
移り住んだところです。

この醤油屋の近江屋が選ばれた理由は、
土佐藩邸のすぐそばだったこと、
そして土佐藩に出入りしている店だったからのようです。

龍馬が近江屋へ移り住んだ時期は、諸説ありますが、
慶応3(1867)年10月には住んでいたようです。
 

龍馬暗殺の時

龍馬肖像画中岡慎太郎写真

慶応3(1867)年11月15日の夜のこと、
十津川郷士と名乗る人物が近江屋へ龍馬を訪ね、
藤吉が取り次ぐために階段を上っているときに
ます藤吉が背中から斬られました。

叫ぼうとする藤吉、叫ばせまいとする刺客。
その物音を聞いた龍馬は
「ほたえな!」と声を出してしまいます。
※ほたえな!=さわぐな!

その声で龍馬が居ることを確信した刺客たちは
そのまま2階へ行き、龍馬と慎太郎を襲ったんです。

慎太郎は後頭部を斬られ、龍馬は前額部を斬られました。
龍馬はこの一太刀で脳に達するほど斬られ、
脳漿(のうしょう)が出るほどの致命傷になったようです。

慎太郎も龍馬も手元に刀を置いていなかったため、
龍馬は、刀を取ろうとしたところをさらに斬られ、
慎太郎は小刀での応戦となりました。

刺客たちが去った後、龍馬と慎太郎は
失っていた意識を取り戻しました。

そのとき龍馬は「残念、残念。」と言い、
「おれは脳をやられちょる、もういかん。」
そう呟いたのが最期の言葉だったそうです。

その後藤吉は翌日に死去。
慎太郎は翌々日の11月17日に天へ旅立ちました。
 

土佐藩邸
当サイト中京区史跡マップ④番の位置 MAPはこちら>>

土佐藩邸は、近江屋とすぐ目と鼻の先。

龍馬は新選組や見廻組といった幕府側に
命を狙われていることは十分わかっていたはず。

本来なら土佐藩邸に居ることが一番良かったでしょうに…

なのに、土佐藩は冷たい!

本人には2度目の脱藩も許すと言っておきながら、
実務レベルでは脱藩は許されていないままのため、
土佐藩邸に居ることができなかったんですよね。

日本の歴史に残る大政奉還を
成し遂げたらすぐに天に召されるなんて…

龍馬個人の夢は果たせないままで逝くなんて…

天に神様が居るのなら、せめてもう少し海援隊で
世界を航海する夢をかなえさせてあげてほしかったですね。
      

龍馬と慎太郎の埋葬

龍馬の墓と中岡慎太郎の墓
龍馬と慎太郎の墓
当サイト東山区史跡マップ⑤番の位置 MAPはこちら>>

龍馬と慎太郎、そして藤吉の3人は、
龍馬が亡くなった翌々日で慎太郎が亡くなった日の
11月17日に、京都霊山護国神社(きょうとりょうざんごこくじんじゃ)
に祀られました。

脱藩したあとでも、幕末の最後には、土佐藩に
大政奉還の立役者という華を持たせてあげたのに、
龍馬と慎太郎の暗殺に関して、土佐藩は知らんぷり!

だから、棺も土佐藩からは出ず、
近江屋の主人が出してくれたそうです。

土佐藩は、ほんとにひどい!!

でも、自分の生まれ育った藩には
見捨てられたような感じになりましたが、
藩を超えての藩士同士の友情はしっかりありました。

龍馬と慎太郎の墓標の文字は
桂小五郎(かつらこごろう)が執筆しました。

ふたりの葬儀の日、たまたま、
小五郎は京へ上ってきていました。
そして、二人の訃報を聞いた小五郎が申し出て、
龍馬と慎太郎の墓標の文字を書いたんです。
 
                               
龍馬と慎太郎銅像
当サイト東山区史跡マップ⑤番の位置 MAPはこちら>>

龍馬と慎太郎が眠る京都霊山護国神社の近くにある
円山公園の中に、龍馬と慎太郎が並んだ銅像があります。

初代は昭和9年に建てられましたが、太平洋戦争で
金属の供出でなくなり、その後昭和37年に2代目が建てられ、
今あるのは2代目になります。

龍馬も慎太郎も、大政奉還という大きな大きな歴史の転換を
無事見届けた後、天に召されて行きました。

ここ円山公園で二人一緒に、今の日本のことを
ずっと見守ってくれているのかな…

史跡歩きメニューへ↑

 

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ