京都府京都市

  1. 武市瑞山寓居跡

    京の「武市半平太(瑞山)」仮住まい石碑

    土佐時代からの龍馬の盟友、武市半平太。お互いをあだ名で呼び合うほどの仲でした。半平太は、一時は一藩勤王へ導くことに成功し京で活躍していましたが、山内容堂により土佐へ戻され最後には切腹させられました。今回は京都での半平太に関する史跡めぐりです。

  2. 長州屋敷跡石碑

    尊王攘夷志士達の重要拠点。京都の長州藩邸

    幕末、尊王攘夷志士達の拠点となったのが京都の長州藩邸でした。が、八月十八日の政変で追われ、さらに禁門の変(蛤御門の変)で負けたときに、自分たちの手で屋敷に火を放ち焼けおちました。今は京都ホテルオークラの敷地内にひっそりと石碑が立っています。

  3. 幕末京都時代の桂小五郎

    長州藩の桂小五郎は、剣術は凄腕でしたが、決して人を斬ることをしない人でした。そこは、龍馬ととてもよく似ています。桂小五郎にまつわる京都にある史跡を巡ってきました。

  4. 土佐藩邸跡石碑

    河原町高瀬川べりにある土佐藩邸跡

    京都河原町の高瀬川沿いに、土佐藩邸跡の石碑があります。龍馬は脱藩している期間が長かったため、ほとんど土佐藩邸に行くことはなかっただろうと思いますが、一度だけ、龍馬が1回目の脱藩を許されたときに7日間、土佐藩邸で謹慎させられているんですね^^

  5. 吉村寅太郎寓居跡説明板

    尊王攘夷の急先鋒、京都の「吉村寅太郎」

    土佐藩士のなかで誰よりも早く脱藩し、薩摩藩士による寺田屋事件の場にも居り、天誅組を結成するなど、尊王攘夷の志士として信念のもと動いた吉村寅太郎。でも倒幕の機はまだ熟すところまでいっておらず、27歳という若さで幕府側の大軍と戦い戦死。

  6. 河原町駅

    京都中京区河原町木屋町界隈にある坂本龍馬史跡マップ

  7. 円山公園銅像

    武力討幕派の志士、陸援隊隊長「中岡慎太郎」

  8. 池田屋跡石碑

    尖鋭勤王志士達の悲劇「池田屋事件」

ピックアップ記事

  1. 相国寺薩摩藩士の墓
  2. 同志社
  3. 和田岬砲台
  4. 池田屋跡石碑
  5. 錦小路薩摩藩邸跡地
龍馬とおりょう像
  1. 東粉浜小学校
  2. 大倉山駅
  3. 海援隊員一覧
  4. 龍馬の墓
  5. 無動庵
  6. 坂本龍馬肖像画写真
  7. 相国寺薩摩藩士の墓
  8. 阪急三宮駅
  9. 大川河川看板
  10. 寺田屋事件ピストル
  11. 京大キャンパス
  12. 三条駅
  13. 真言坂石碑

アーカイブ

スポンサーリンク




おすすめ記事

  1. 京都市上京区の幕末史跡を訪ねて歩く 同志社
  2. 幕末の重要拠点二本松薩摩藩邸 二本松薩摩藩邸石碑
  3. 龍馬暗殺の実行犯京都見廻組桂早之助と渡辺吉太郎の墓 桂早之助墓石碑
PAGE TOP