「中京区」の記事一覧

京の西郷隆盛と龍馬との出会い

錦小路薩摩藩邸跡石碑

上野の銅像でもおなじみの西郷隆盛ですが、幕末には、京都でも活躍しました。龍馬とも深い信頼関係を築いていたようですね。その信頼関係・熱い友情があったからこそ薩長同盟は成立しましたし、また龍馬が幕吏に襲われた後、薩摩へ療養にも行くことになったんですね^^

禁門の変で自ら命を絶った久坂玄瑞

久坂玄瑞の墓

吉田松陰が、高杉晋作と並んで高くその人物・能力を評価した久坂玄瑞。龍馬が脱藩するのに大きな影響を与えたともいわれています。玄瑞は、その能力を活かしきる前に25歳という若さで、禁門の変の時に自刃して亡くなっています。そのお墓は、龍馬と同じ京都霊山護国神社にあります。

京都で幕末の志士たちが集った旅館や料亭

鴨川

幕末当時、勤王志士たちは維新を迎えるために、旅館や料亭で会合を重ねていました。今回は、京都にある明保野亭、翠紅館などの現在をいくつかご紹介したいと思います。

四条から三条にかけて河原町界隈にある幕末史跡今と昔

阪急河原町駅

池田屋事件、龍馬の暗殺など、幕末の大きな事件が河原町界隈でおきていますね。でも現在の四条河原町から三条にかけては京都一賑わっている繁華街です。幕末の頃の史跡・石碑とその跡地の現在はどうなっているのかを写真に撮ってみました。

薩摩藩の京都で最初にできた藩邸は錦小路

錦小路薩摩藩邸跡地

京都にある薩摩藩邸跡のなかで、幕末といえば、現在同志社大学の敷地になっている二本松の藩邸が有名ですね。でも、京都で一番最初にできた藩邸は、錦小路の藩邸なんです。その藩邸は今は大丸京都店になっているんですよ^^

京都中京区にある坂本龍馬史跡マップ

中京区西側

京都市中京区の幕末の史跡といえば、河原町や木屋町周辺に密集していますが、少し離れた所にもあるんです。その最たるものが世界遺産にも指定されている二条城ですね。そのほかにも六角獄舎や錦市場の近くには薩摩藩邸跡地の石碑などもあるんですよ。

将軍徳川慶喜、二条城で大政奉還を諮問

二条城外観

慶応3年10月15日に大政奉還が天皇に認められました。将軍徳川慶喜が政権を返すと諸大名に決意表明した日と、倒幕の密勅が下りたのは同じ日でした。でも数時間だけ慶喜の表明が早かったんです。そのおかげで、京都から大きな戦が始まるのが防げたんですね^^

龍馬の隠れ家「酢屋」がある龍馬通

龍馬通看板

龍馬が京で潜伏するときに住んでいた材木商「酢屋」がある通りの名前は「龍馬通」。そんなに距離はないけれど、どれだけ龍馬感があるのか歩いてみました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ