「土佐藩」の記事一覧

幕末にあった土佐藩の大坂住吉陣屋跡地とゆかりの地

東粉浜小学校

江戸時代末期の萬延元年(1860)年9月に、土佐藩は幕府の命を受け現在の大阪市住吉区に住吉陣屋をつくり、大阪湾・・・

大阪市住吉区にある脱藩前に訪れた龍馬ゆかりの地

住吉陣屋跡

住吉陣屋跡石碑 龍馬は、大阪の住吉陣屋にまだ脱藩前の時期に2度ほど訪れたことがあったようです。 残念ながら、「・・・

大阪の土佐藩住吉陣屋で使われていた今も残る石垣

住吉陣屋石碑

萬延元年(1860)年9月に土佐藩は、幕府から大阪湾の海岸警備のために現在の大阪市住吉区に1万坪強もの土地を与・・・

もともとは龍馬の仇だった!後藤象二郎の維新前後の関西

近代製紙業発祥の地石碑

後藤象二郎(ごとうしょうじろう)は、土佐藩上士だった人です。 龍馬たち郷士とは違い、藩主の山内容堂(やまうちよ・・・

龍馬とおりょうが出会った土佐藩浪士寓居跡石碑

土佐浪士寓居跡

三十三間堂の南側の門近くに龍馬たちが出入りした隠れ家の石碑があります。ここに龍馬の妻となったおりょうのお母さんが働いていたので、おりょうと出会ったといわれていますね^^

嵯峨野嵐山にある土佐四天王像と天龍寺

無動庵

嵯峨嵐山に坂本龍馬、武市半平太、中岡慎太郎、吉村寅太郎の4人、土佐四天王の銅像を見つけました。「なぜ嵐山に?」とびっくりしましたが、禁門の変(蛤御門の変)前夜に長州藩兵たちが陣営を構えていたことからきているんですねえ。

京における幕末土佐四天王の働き

土佐四天王の像

幕末の藩としては、薩摩藩と長州藩から優れた志士をたくさん輩出していますが、土佐藩にも土佐四天王といわれる志士がいます。坂本龍馬、武市半平太、中岡慎太郎、吉村寅太郎の4人です。かれらの京における活躍にはどんなものがあるんでしょう。

龍馬暗殺の仇討襲撃「天満屋事件」

天満屋事件跡

龍馬と中岡慎太郎が暗殺されたと聞いた海援隊と陸援隊のメンバーは、犯人探しに乗り出します。新選組をそそのかして殺させたのが、紀州藩の三浦休太郎と思いこみ、休太郎がその時住まいにしていた天満屋を襲撃。今はひっそりと石碑が残っています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ