三条から御池界隈の幕末史跡めぐり

半平太と寅太郎寓居跡
当サイト中京区史跡マップ②番の位置 MAPはこちら>>

四条から三条にかけて、そこここに幕末を感じさせる
史跡がありますが、三条から御池通りを上がったあたりも
幕末を彷彿させる史跡があります。

やはり、木屋町通沿いに多いですね^^
でも、四条~三条よりは少し落ち着いた感じがします。

龍馬と同じ土佐藩の武市半平太(瑞山)(たけちはんぺいた(ずいざん))
吉村寅太郎(よしむらとらたろう)の仮住まい跡や
尊王攘夷が叫ばれ始めた初期の頃、志士たちが
拠りどころにしていた長州藩邸跡などもありますよ^^
 

武市半平太寓居跡
当サイト中京区史跡マップ⑧番の位置 MAPはこちら>>

三条木屋町を少し北に上がったところに、武市半平太(瑞山)が
京(現:京都)に住んでいた跡の石碑があります。

龍馬と半平太は、尊王攘夷の志士として活躍する前から
の友人であり、遠縁の親戚でもありました。

おたがいにニックネームで呼び合うほどの仲。

龍馬の性格からすれば人をあだ名で呼ぶのはうなずけますが、
半平太は生真面目でとおった人だけに、
あだ名で呼ぶというのはどれほど心を許し合った仲か
というのがわかる気がしますね^^

半平太が京で活躍したのは、土佐藩の上士たちを
を尊王攘夷派(そんのうじょういは)で固めることに成功し、
京で尊王攘夷を実現するために長州藩士らとともに
朝廷へ働きかけていたころですね。

でも半平太が京で活躍する期間は
文久2(1862)年8月~文久3(1863)年4月の
わずか8カ月ほどのことでした。

文久3(1863)年4月に土佐(現:高知)へ戻った後、
前藩主の山内容堂(やまのうちようどう)により
牢獄に入れられ、最期は切腹させられて命を終えました。
 

吉村寅太郎寓居跡
当サイト中京区史跡マップ⑧番の位置 MAPはこちら>>

吉村寅太郎が土佐藩を脱藩し、
京に潜伏しているときに住んでいた場所は、
半平太が住んでいたところと隣り合わせです。

寅太郎は土佐にいる頃は、半平太が結成した
土佐勤王党の一員でした。

でも、半平太がかかげる一藩勤王は無理だと思い始め、
土佐藩の中で一番最初に脱藩しました。
脱藩=土佐勤王党も抜けるということですね。

龍馬は、寅太郎が脱藩した20日後に脱藩しています。
寅太郎が第1号で、龍馬は第2号の脱藩者でした^^

そして藩の後ろ盾もない中、尊王攘夷を実現するために
長州(現:山口)や京へ出て活動します。

その後、天誅組を結成しますが、
八月十八日の政変で、それまで尊王攘夷の最先端を走っていた
長州藩が一夜にして朝敵となったあと、
最期は大和(現:奈良)で幕府側と戦い戦死しました。
 

長州藩にまつわる史跡

池田屋事件跡地の石碑
当サイト中京区史跡マップ⑦番の位置 MAPはこちら>>

特に八月十八日の政変以降、尊王攘夷の志士たちは、
京にいるのが見つかると新選組たちから
問答無用で斬られる立場になりました。

その状況の中で、三条通りにある池田屋に集まった
長州藩士、土佐浪士などが談合しているところへ
新選組が斬りこんできます。

激しい戦闘の末、その場にいた尊王攘夷志士たちは
ほとんどが戦死かそのあと死亡しました。

この戦いに参加した土佐脱藩浪士の中には、
このころ龍馬が塾頭になっていた、神戸海軍操錬所のメンバー
望月亀弥太(もちづきかめやた)らもいました。

この事件もひとつのきっかけとなり、神戸海軍操錬所は
その後閉鎖されることになるんですね^^;
 

長州藩邸石碑
当サイト中京区史跡マップ⑪番の位置 MAPはこちら>>

幕末当時、長州藩邸があった場所は、
今は京都ホテルオークラがそびえ立っています。

幕末の初期の頃は尊王攘夷をリードする立場として
朝廷にも好意的に見られていましたが、
薩摩藩と会津藩が手を組んだ八月十八日の政変で
一夜にして失脚し、長州へ引き上げました。

その後に起きた長州藩士が新選組に襲撃された池田屋事件。

それに憤慨した長州藩は、ついに暴動をおこします。

それが世にいう禁門の変(蛤御門の変)で
幕府軍に負け、朝敵になってしまいました。
そして自ら藩邸に火を放って、長州(現:山口)へ逃げ落ちたんですね。
 

桂小五郎像小五郎と幾松の寓居跡
左側:当サイト中京区史跡マップ⑫番・右側:当サイト中京区史跡マップ⑭番の位置 MAPはこちら>>

長州藩士の桂小五郎(かつらこごろう)は、
明治維新の功績から、西郷隆盛、大久保利通(おおくぼとしみち)
と並んで「維新の三傑」と呼ばれています。

京でおきた禁門の変(蛤御門の変)(はまぐりごもんのへん)の際、逃げ遅れた小五郎は、
乞食姿に変装して当時の三条大橋のしたで隠れ、
そこに恋人の芸妓で幾松(いくまつ)が握り飯を上から落とした
というのは、とても有名な話です。

小五郎は、神道無念流(しんとうむねんりゅう)
免許皆伝の腕前を持つすぐれた剣客でしたが、
龍馬と同じく、人を斬ることをとにかく避けたそうです。

だからこの時も、斬り込むことよりも
逃げることを選んだんですね。

そして幾松は、自分の命も危うくなるのもかえりみず、
小五郎をずっと京で支え続けたんですね。

ときには、新選組の近藤勇に詰め寄られても
小五郎を護りぬいたという話もあります。

その後小五郎と幾松は、明治になってから、
正式に夫婦となっています。

命をかけた、幕末のラブロマンスですね^^

上記写真の右側が、小五郎と幾松の木屋町での仮住まい
としていた場所の石碑です。

今では「幾松」という料理旅館になっています。

宿泊ももちろんですが、食事だけでもできるようで、
希望すれば、食事の前に国の登録有形文化財になっている
「幾松の間」の説明も聞けるようですよ^^
 

そのほかの史跡

佐久間象山寓居跡佐久間象山遭難の地
写真左側:佐久間象山寓居跡石碑、写真右側:佐久間象山暗殺の碑
左側:当サイト中京区史跡マップ⑩番・右側:当サイト中京区史跡マップ⑬番の位置 MAPはこちら>>

佐久間象山(さくましょうざん)は、松代藩(現:長野)の藩士で、
妻は、勝海舟の妹です。

象山は、江戸で洋学、兵学などを教えていました。

龍馬は、江戸(現:東京)に剣術修行中に
数ヶ月間だけですが、象山塾に入門しています。

象山は、幕府の命令で京へ上り、
一橋慶喜(徳川慶喜)(ひとつばしよしのぶ(とくがわよしのぶ))
公卿に公武合体と開国を説いて回りました。

そのため、その頃の尊王攘夷派の志士から、
西洋かぶれと見られてしまい、元治元(1864)年7月11日、
河上彦斎(かわかみげんさい)らの手で
暗殺されてしまいました。
 

史跡歩きメニューへ↑

 

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ