「2014年11月」の記事一覧

尼崎市にある幕末史跡マップ

大物公園

兵庫県尼崎市は、大阪に隣接している街で、現在では工場の街という印象が強いところです。ですが、幕末には禁門の変で長州へ落ちるところを尼崎藩に捕まり自害し、「残念さん」として一大ブームを巻き起こした長州藩兵のお墓があります。

兵庫にある坂本龍馬ゆかりの地

兵庫における幕末の史跡と言えば、勝海舟が幕府に進言して作った神戸海軍操練所ですね。わずか1年足らずで閉鎖にはなりましたが、龍馬は勝海舟の私塾の海軍塾の塾頭で神戸を拠点としていた時期もあったんですね。

京都にある坂本龍馬ゆかりの地

京都御所正門

京都は幕末期は、江戸に替わって政治の中心になったところですね。そのため、幕末に関する史跡がたくさんあります。また、龍馬の最期もこの京都の地だったため、龍馬をはじめ多くの志士たちのお墓も京都にありますね。

願いが一つ叶う!?禁門の変で自害尼崎にある「残念さん」の墓

山本文之助の墓

兵庫県の尼崎市にも幕末に関する史跡があると最近知りました。禁門の変で捕まり自害した長州藩士の「残念さん」といわれているお墓です。今でも、願掛けの神様として参詣する人が絶えないそうですよ。

京都東山七条界隈にある幕末史跡マップ

京阪七条駅

京都の東山の幕末史跡といえば、龍馬のお墓がある京都霊山護国神社などがあるあたりが有名ですが、七条の三十三間堂のすぐ近くにも、土佐藩士が隠れ家とした場所があるんです。そこで龍馬は妻となったおりょうと出会ったとも言われています。

神戸市兵庫区にある坂本龍馬史跡マップ

大倉山駅

神戸市の兵庫区は、歴史といえば、平清盛の方が縁が深いようですが、神戸海軍操練所をつくったときに尽力してくれた神戸村の大庄屋、生島四郎太夫の別邸を勝海舟は仮住まいとしていたそうです。また、和田岬には勝海舟が設計した砲台跡があります。

京都と大阪での小松帯刀

小松帯刀屋敷跡石碑

薩摩藩家老の小松帯刀は、幕末史の中ではあまり目立った存在ではありませんが、西郷隆盛らが活躍できたのも帯刀が支えてくれたからこそ。龍馬とも歳も同じで、昵懇だったようですよ^^今回はそんな帯刀の京・大坂での働きです。

京都市上京区の幕末史跡を訪ねて歩く

同志社

上京区にある京都御所は天皇を中心に政治の中心が江戸からこの京都に移ったような感じがありました。また、二本松の薩摩藩邸があったり、、幕末には重要な出来事がおきているんですね。今回は上京区の幕末史跡を巡ってきました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ