「長州藩」の記事一覧

蛤御門の変で果てた志士たちが眠る上善寺と相国寺

禁門の変では、長州藩士たちと幕府軍が武力衝突して壮絶な戦いとなりました。その時に亡くなった長州藩士と薩摩藩士たちが眠るお寺が御所の近くにあり、上善寺と相国寺の2ヵ所になります。今回はそこを訪ねてみました。

禁門の変で自ら命を絶った久坂玄瑞

久坂玄瑞の墓

吉田松陰が、高杉晋作と並んで高くその人物・能力を評価した久坂玄瑞。龍馬が脱藩するのに大きな影響を与えたともいわれています。玄瑞は、その能力を活かしきる前に25歳という若さで、禁門の変の時に自刃して亡くなっています。そのお墓は、龍馬と同じ京都霊山護国神社にあります。

京を追われてしまった公卿「三条実美」

梨木神社2

三条実美は、公卿のなかでも尊王攘夷の志がとても強い人でした。長州藩とともに一時は天皇をも自分たちの意見に沿わせましたが、薩摩藩と会津藩の結託によって京都を追われる身になってしまったんですね。

八月十八日の政変は土佐藩志士にも影響が!

御所の門

文久3(1863年)年八月十八日に起きた政変をその日付けをとって八月十八日の政変といいます。この政変によって長州藩は、政治の舞台から去ることになりました。でも、その影響は長州だけでなく龍馬たち土佐藩にも及ぶことになったんです>_<

京都御所の蛤御門に残る「禁門の変」の跡

蛤御門

どの藩よりも天皇を慕い、尊王攘夷の志が強かった長州藩ですが、それゆえに行動は過激になっていき、結果的に孝明天皇から嫌われてしまうことに…そんな長州藩が天皇を奪還すべく武力行使にでた禁門の変の爪跡は、今も京都御所の蛤御門に残っています。

幕末の歴史的転換「薩長同盟」

二本松薩摩藩邸跡地

龍馬や中岡慎太郎が間に入り苦心の末に奇跡ともいえる、薩摩藩と長州藩が手を組むことになった秘密同盟が締結されました。その場所が二本松の薩摩藩邸、小松帯刀屋敷だったんです。

尊王攘夷志士達の重要拠点。京都の長州藩邸

長州屋敷跡石碑

幕末、尊王攘夷志士達の拠点となったのが京都の長州藩邸でした。が、八月十八日の政変で追われ、さらに禁門の変(蛤御門の変)で負けたときに、自分たちの手で屋敷に火を放ち焼けおちました。今は京都ホテルオークラの敷地内にひっそりと石碑が立っています。

幕末京都時代の桂小五郎

桂小五郎像

長州藩の桂小五郎は、剣術は凄腕でしたが、決して人を斬ることをしない人でした。そこは、龍馬ととてもよく似ています。桂小五郎にまつわる京都にある史跡を巡ってきました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ