「大阪市」の記事一覧

幕末にあった土佐藩の大坂住吉陣屋跡地とゆかりの地

東粉浜小学校

江戸時代末期の萬延元年(1860)年9月に、土佐藩は幕府の命を受け現在の大阪市住吉区に住吉陣屋をつくり、大阪湾・・・

大阪市住吉区にある脱藩前に訪れた龍馬ゆかりの地

住吉陣屋跡

住吉陣屋跡石碑 龍馬は、大阪の住吉陣屋にまだ脱藩前の時期に2度ほど訪れたことがあったようです。 残念ながら、「・・・

大阪の土佐藩住吉陣屋で使われていた今も残る石垣

住吉陣屋石碑

萬延元年(1860)年9月に土佐藩は、幕府から大阪湾の海岸警備のために現在の大阪市住吉区に1万坪強もの土地を与・・・

もともとは龍馬の仇だった!後藤象二郎の維新前後の関西

近代製紙業発祥の地石碑

後藤象二郎(ごとうしょうじろう)は、土佐藩上士だった人です。 龍馬たち郷士とは違い、藩主の山内容堂(やまうちよ・・・

海援隊から維新後は実業家として造船業を営んだ白峰駿馬

海援隊員一覧

白峰駿馬(しらみね しゅんめ)は長岡藩(現:新潟)の藩士ですが、龍馬の海援隊の隊員となった人ですね。 嘉永元(・・・

龍馬暗殺の実行犯京都見廻組桂早之助と渡辺吉太郎の墓

桂早之助墓石碑

慶応3(1867)年11月15日、京都の近江屋で坂本龍馬と中岡慎太郎は突然の訪問者によって殺されてしまいました。犯人には諸説ありますが定説となっているのが京都見廻組説。龍馬暗殺の実行犯といわれる2人のお墓がなんと大阪にありました。

大阪市港区にある坂本龍馬史跡マップ

天保山風景

大阪市港区にある幕末の史跡といえば、天保山ですね。龍馬も西郷隆盛も勝海舟も天保山沖から船に乗って土佐や江戸、薩摩などへ行ったようです。外国から京の都を守るための砲台もつくられ、防塞の要と位置付けられてもいたようですね^^

忘れかけられた龍馬を時の人にした田中光顕

陸援隊跡地

明治時代になって世間から龍馬が忘れられていたときに、時の昭憲皇太后の夢枕に龍馬が立ち、日露戦争の勝利を誓ったという話を新聞が取り上げたことで龍馬は時の人となって改めて世間に認知されたんです。その立役者が田中光顕なんです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ