「東山区」の記事一覧

幕末の薩摩藩士たちが眠る京都の3つのお寺

相国寺薩摩藩士墓

京都で亡くなった幕末の多くの志士たちは京都霊山護国神社に眠っていますが、薩摩藩士のお墓は見当たりませんでした。薩摩藩士は藩の菩提寺などにお墓があるようです。今回は薩摩藩士が眠る3つのお寺をご紹介します。

忘れかけられた龍馬を時の人にした田中光顕

陸援隊跡地

明治時代になって世間から龍馬が忘れられていたときに、時の昭憲皇太后の夢枕に龍馬が立ち、日露戦争の勝利を誓ったという話を新聞が取り上げたことで龍馬は時の人となって改めて世間に認知されたんです。その立役者が田中光顕なんです。

龍馬とおりょうが出会った土佐藩浪士寓居跡石碑

土佐浪士寓居跡

三十三間堂の南側の門近くに龍馬たちが出入りした隠れ家の石碑があります。ここに龍馬の妻となったおりょうのお母さんが働いていたので、おりょうと出会ったといわれていますね^^

京都東山七条界隈にある幕末史跡マップ

京阪七条駅

京都の東山の幕末史跡といえば、龍馬のお墓がある京都霊山護国神社などがあるあたりが有名ですが、七条の三十三間堂のすぐ近くにも、土佐藩士が隠れ家とした場所があるんです。そこで龍馬は妻となったおりょうと出会ったとも言われています。

禁門の変で自ら命を絶った久坂玄瑞

久坂玄瑞の墓

吉田松陰が、高杉晋作と並んで高くその人物・能力を評価した久坂玄瑞。龍馬が脱藩するのに大きな影響を与えたともいわれています。玄瑞は、その能力を活かしきる前に25歳という若さで、禁門の変の時に自刃して亡くなっています。そのお墓は、龍馬と同じ京都霊山護国神社にあります。

幕末維新ミュージアム「霊山歴史館」を見学

霊山歴史館

日本で唯一の幕末維新の総合博物館「霊山歴史館」へ行ってきました^^私が行ったときは、龍馬や武市半平太、高杉晋作ら日本を変えた男たちの特別展を開催していました。幕末から明治維新にかけての貴重な資料が100点ほど展示されていましたよ!

京都霊山護国神社の土佐藩士の墓に再訪問

霊山護国神社境内

京都霊山護国神社にまたやってきました。今回は、幕末の土佐藩士が眠っているところを中心に写真を撮ってきました。前回行ったときは社務所のあたりは工事中でしたが、今回は工事も終わって綺麗になっていました。龍馬のお墓には新しい説明板もできていました^^

まことにおもしろき女!龍馬の妻『おりょう』

龍馬とおりょう像

龍馬の目から見れば「まことにおもしろき女」。妻となったおりょう。彼女のおかげで龍馬は命拾いをしたりと、龍馬にとって寺田屋事件までの京都において、とても大切な存在だったんですね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ