「伏見区」の記事一覧

寺田屋事件で龍馬が運ばれた薩摩藩伏見屋敷の間取絵図発見

薩摩伏見屋敷石碑

薩摩藩伏見屋敷の建物の配置や間取り図がわかる建物の配置や間取り図がわかる絵図面が発見されました。 今まで伏見屋・・・

幕末の薩摩藩士たちが眠る京都の3つのお寺

相国寺薩摩藩士墓

京都で亡くなった幕末の多くの志士たちは京都霊山護国神社に眠っていますが、薩摩藩士のお墓は見当たりませんでした。薩摩藩士は藩の菩提寺などにお墓があるようです。今回は薩摩藩士が眠る3つのお寺をご紹介します。

龍馬も大坂から京へ上るのに使った三十石船

三十石船

江戸時代には、龍馬たちも利用した京の伏見と大坂を結ぶ重要な交通手段、淀川を上り下りする三十石船がありました。今回は伏見寺田屋浜と大阪の天満にある八軒家船着場跡をご紹介します。

京の西郷隆盛と龍馬との出会い

錦小路薩摩藩邸跡石碑

上野の銅像でもおなじみの西郷隆盛ですが、幕末には、京都でも活躍しました。龍馬とも深い信頼関係を築いていたようですね。その信頼関係・熱い友情があったからこそ薩長同盟は成立しましたし、また龍馬が幕吏に襲われた後、薩摩へ療養にも行くことになったんですね^^

龍馬の命を救った伏見薩摩藩邸

薩摩伏見藩邸石碑1

京都にある薩摩藩邸といえば、現在同志社大学のキャンパスになっている二本松の藩邸が有名ですし、龍馬とのかかわりも強いですが、この伏見藩邸があったからこそ、龍馬は寺田屋で伏見奉行所の捕吏に襲われて大けがをしたときに命を救われたんですね^^

龍馬通り商店街を歩く

龍馬とおりょうパネル

京都伏見にある幕末の歴史上有名な船宿「寺田屋」のすぐ近くには、「龍馬通り商店街」という商店街がありました。こじんまりとした商店街ですが、お店には龍馬のポスターが貼ってあったりしました。龍馬のグッズを置いているおみやげ屋さんなどもありましたよ^^

今でも泊まれる!京都伏見の寺田屋

寺田屋

幕末史には必ず登場する、京都伏見にある船宿「寺田屋」へ見学に行ってきました。この寺田屋、なんと宿泊もできるんです。歴史上の資料があるところの多くは写真撮影不可のところが多いですが、ここは撮影OK!龍馬を家に帰ってからも満喫できます^^

龍馬の京都の母?!『お登勢』

お登勢写真

京都伏見にある寺田屋の女将『お登勢』は、龍馬が京都の母と慕ったほど、心を許し信頼した女性ですね。今回はお登勢にまつわる記事と写真です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ