「京都府」の記事一覧

寺田屋事件で龍馬が運ばれた薩摩藩伏見屋敷の間取絵図発見

薩摩伏見屋敷石碑

薩摩藩伏見屋敷の建物の配置や間取り図がわかる建物の配置や間取り図がわかる絵図面が発見されました。 今まで伏見屋・・・

幕末の薩摩藩士たちが眠る京都の3つのお寺

相国寺薩摩藩士墓

京都で亡くなった幕末の多くの志士たちは京都霊山護国神社に眠っていますが、薩摩藩士のお墓は見当たりませんでした。薩摩藩士は藩の菩提寺などにお墓があるようです。今回は薩摩藩士が眠る3つのお寺をご紹介します。

蛤御門の変で果てた志士たちが眠る上善寺と相国寺

禁門の変では、長州藩士たちと幕府軍が武力衝突して壮絶な戦いとなりました。その時に亡くなった長州藩士と薩摩藩士たちが眠るお寺が御所の近くにあり、上善寺と相国寺の2ヵ所になります。今回はそこを訪ねてみました。

忘れかけられた龍馬を時の人にした田中光顕

陸援隊跡地

明治時代になって世間から龍馬が忘れられていたときに、時の昭憲皇太后の夢枕に龍馬が立ち、日露戦争の勝利を誓ったという話を新聞が取り上げたことで龍馬は時の人となって改めて世間に認知されたんです。その立役者が田中光顕なんです。

龍馬も大坂から京へ上るのに使った三十石船

三十石船

江戸時代には、龍馬たちも利用した京の伏見と大坂を結ぶ重要な交通手段、淀川を上り下りする三十石船がありました。今回は伏見寺田屋浜と大阪の天満にある八軒家船着場跡をご紹介します。

龍馬とおりょうが出会った土佐藩浪士寓居跡石碑

土佐浪士寓居跡

三十三間堂の南側の門近くに龍馬たちが出入りした隠れ家の石碑があります。ここに龍馬の妻となったおりょうのお母さんが働いていたので、おりょうと出会ったといわれていますね^^

京都御所の各御門マップ

京都御所

幕末は、京都御所の周りの御門も歴史の舞台となりました。特に蛤御門をはじめとする、西側の御門がそうですね。蛤御門には、禁門の変当時の弾痕が今でも残っているんですよ。

京都にある坂本龍馬ゆかりの地

京都御所正門

京都は幕末期は、江戸に替わって政治の中心になったところですね。そのため、幕末に関する史跡がたくさんあります。また、龍馬の最期もこの京都の地だったため、龍馬をはじめ多くの志士たちのお墓も京都にありますね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ