龍馬と海援隊の京の拠点「酢屋」

坂本龍馬酢屋石碑
酢屋前にある坂本龍馬寓居の跡の石碑
当サイト中京区史跡マップ⑥番の位置 MAPはこちら>>

長崎屋や下関などを中心に活動していた龍馬が、
大政奉還の道筋をつけるために
ようやく京(現:京都)に戻ってきたのが、慶応3(1867)年6月。

その時に、身を寄せたのが、材木商の「酢屋」でした。

このころの酢屋は、材木屋だけでなく、
高瀬川で運送業も営んでいました。

当時の高瀬川は、京(現:京都)の中心部と伏見を結んでいて、
酢屋の前まで高瀬舟が出入りしていたので、
伏見や大坂(現:大阪)との連絡に都合が良かったようです。

また各藩の藩邸が近くにあり、折衝に便利だったので
龍馬はここ酢屋を選んだんだようです。

龍馬は酢屋にいたころは、
「才谷梅太郎(さいだにうめたろう)」という
変名を使っていて、酢屋の2階の1室で住んでいたんですね。

そして、この部屋で龍馬は慶応3(1867)年6月24日に
故郷の乙女(おとめ)姉宛に、この酢屋に居る旨など近況を伝える、
約5mもの長い手紙を書いたそうです。

『今日もいそがしき故、薩州屋敷へ参りかけ、
朝六ツ時頃よりこの文したためました。
当時私ハ京都三條通り河原町1丁下る車通酢屋に宿申し候。
   ~~~ 中略 ~~~
私一人にて五百人七百人の人をひきいて天下の御為するより
二十四万石をひきいて天下国家の御為居たすがはなはだよろしく、
おそれながらこれらの所には、乙様(乙女)の御心には少し、
心が及ぶまいかと存じ候。』

など、いろいろと書かれていたようです。
だって、5mもあったんですものね^^

残念ながら、その手紙が龍馬から乙女姉の最後の手紙に
なってしまったんです。
 

酢屋では、龍馬が居たという部屋は、当時の面影はなく、
とてもきれいになっていて、ギャラリーとなっています。

そのため見学はできましたが、
室内の写真は撮ることが禁止されていましたので、
展示してあった資料などは、
ここでご紹介できないのが残念ですね。
 

酢屋

当時の面影を残す、酢屋の2階の出格子から、
龍馬は、荷車が通る道を良く眺めていたり
ピストルの試し打ちなどもしたそうです。

今は、酢屋の向かいには、飲食店などが並んでいますが、
龍馬が居た当時は、向かいは高瀬川の舟入で、
舟の荷揚げをする場所だったので、そこをめがけて
ピストルを撃っていたんでしょうね。
 

高瀬川高瀬川オープンカフェ

現在の高瀬川です。
今回私が行ったのは夏でしたが、
春にもなると、桜がとてもきれいで風情たっぷりです^^

高瀬川の川べりでは、レストランがテーブルを並べていて、
川の流れを感じながら食事もできるんですね。

この川のせせらぎを見ていると、
150年ほど前の幕末に、この辺りで日常的に志士たちが
暗殺されたり斬り合いがあったなんて、
まったく想像もできませんね^^;
 

酢屋の海援隊名簿

この酢屋は、龍馬が定宿として利用しただけではなく、
龍馬が隊長として率いる結社「海援隊」の京都本部
としても使われていました。

話は、龍馬が暗殺された直後のことになりますが、海援隊隊士、
陸奥陽之助(陸奥宗光)(むつようのすけ(むつむねみつ))らが、
龍馬と中岡慎太郎(なかおかしんたろう)を殺害したのは
紀州藩が黒幕と思いこみ、かたき討ちだと襲撃した「天満屋事件」。

海援隊士たちが、その打ち合わせを行ったのも、
こちらの酢屋だったそうです。
 

酢屋外観
酢屋の外観
当サイト中京区史跡マップ⑥番の位置 MAPはこちら>>

この酢屋は、享保6(1721)年から約290年間
龍馬が住んだ当時と同じ場所で代々材木屋を営んでいます。
でも、今は材木商といっても、
創作木工芸品の販売をしていました。

ギャラリーは、想像していたほど広くなかったですねえ。

もともとが旅館ではなく材木商で、
そこを間借りするように
龍馬が寝泊りをしていたのでしょうから、
当然なのかもしれませんね。

<見学の案内>
営業時間:10:30~17:00
入場料:500円(中学生以下無料)
定休日:水曜日

電話:075-211-7700
住所:京都市中京区河原町三条下る一筋目(龍馬通)
URL:http://kyoto-suya.co.jp/

<交通の案内>
河原町三条南へ一筋目を東入る北側
阪急河原町より徒歩5分
京阪三条より徒歩3分
地下鉄東西線市役所前より徒歩5分

史跡歩きメニューへ↑

 

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ