寺田屋事件で龍馬が運ばれた薩摩藩伏見屋敷の間取絵図発見

薩摩伏見屋敷石碑3

薩摩藩伏見屋敷の建物の配置や間取り図がわかる建物の配置や間取り図がわかる絵図面が発見されました。
今まで伏見屋敷の中がどうなっていたのかはわかっていなかったんですね。

今回の発見は、京都市伏見区にある城南宮の宮司さんが古書店から購入されたものだそうです。
江戸時代が終わって約150年も経った現在に見つかるというのもなんだか不思議な感じがしますね^^
 

薩摩藩伏見屋敷とは

薩摩伏見屋敷石碑1

薩摩藩伏見屋がいつ造られたのかはわかっていないそうですが、参勤交代で江戸へ向かう際に薩摩藩の宿所として使われていたそうです。
以前NHK大河ドラマでも取り上げられていた、第13代将軍徳川家定の正室篤姫も鹿児島から江戸へ向かう際に泊っていたと言われています。

そして、龍馬が慶応2(1866)年に寺田屋で幕吏に襲われ九死に一生を得て運ばれかくまわれた、龍馬を語る上で外せない重要な場所ですね^^

でもこの屋敷は、慶応4(1868)年に起こった伏見鳥羽の戦いで焼失してしまったんです。
 

薩摩藩伏見屋敷の絵図について

薩摩伏見屋敷案内板

今回見つかった絵図は、「伏見御屋鋪惣繪図(ふしみおやしきそうえず)」というもので、縦約1m、横約1.3mの大きさのものだそうです。

描かれたのは天明6(1786)年と見られてていて、屋敷の規模は南北99m、東西64mで敷地面積は4973㎡と推定されるそう。
今回の絵図には屋敷内の間取りが詳細に書かれているそうです。

絵図を調査した京都国立博物館の宮川禎一上席研究員によると今回の絵図発見で、
龍馬がどの入口から運ばれただとか、どの部屋で治療を受けていたのかを調べる大きな手掛かりになり得るそうなので、今後の研究が楽しみですね^^

京都新聞のネットニュースに絵図の写真が載っていましたのでご紹介しますね。
↓こちらのURLからご覧いただけます。
http://www.kyoto-np.co.jp/local/article/20170603000128/1

また、平成29年7月25日(火)~9月3日(日)の期間
京都国立博物館の特集陳列「大政奉還150年記念 鳥羽伏見の戦い」で見ることができるようなので、興味がある方はどうぞ^^
ただし、入館料(大人:520円)が必要です。

住所:〒605-0931 京都市東山区茶屋町527
電話番号:075-525-2473
この催し物開催期間の開館時間:
 火~木・日)午前9時30分~午後5時(入館は閉館の30分前まで)
 金・土曜日)午前9時30分~午後9時(入館はいずれも閉館の30分前まで)

京都国立博物館公式サイト
http://www.kyohaku.go.jp/jp/index.html
 

SPONSORED LINK

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ