京の西郷隆盛と龍馬との出会い

錦小路薩摩藩邸跡石碑錦小路薩摩藩邸跡案内
錦小路薩摩藩邸跡 当サイト中京区史跡マップ①番の位置 MAPはこちら>>

京都市中京区の錦小路にある薩摩藩邸で、
西郷隆盛(さいごうたかもり)と龍馬は、
最初の出会いをしています。
龍馬が勝海舟(かつかいしゅう)の紹介で
元治元(1864)年8月に隆盛を訪ねたんですね。

その後龍馬は、勝海舟に隆盛のことを釣鐘に例え、
自分を鐘をたたく撞木(しゅもく)に例えてて、

「少したたけば小さく響き、大きくたたけば大きく響く。
もしバカなら大きなバカで、利口ならば大きな利口だろう。
ただ、鐘をつく撞木が小さかったのが残念だった。」

と話しています。

この出会いをきっかけに、
龍馬と隆盛の深い友情と信頼関係は育まれていったんですね。
 

西郷隆盛の京での働き

京都御所周辺図
京都御所周辺図
当サイト上京区史跡マップ③番の位置 MAPはこちら>>

龍馬と隆盛の最初の出会いよりも1ヵ月ほど前に
禁門の変(蛤御門の変(はまぐりごもんのへん))がおきています。

長州軍が藩主の無実を訴えるという名目で
御所に向けて挙兵した事件。

最初は長州軍が有利でした。

そこへ遅れて駆けつけたのが隆盛率いる薩摩軍。

薩摩軍が幕府軍の応援に来たことで形勢は逆転。
その結果、長州藩軍は負けてしまって朝敵になりました。

そして、八月一八日の政変以来の長州の薩摩嫌いは更に強くなり、
長州藩士から「薩奸会賊」と呼ばれるようになったんですね^^;

隆盛は、この禁門の変で足に銃弾を受けて負傷しながらも、
薩摩軍を指揮し、長州軍を壊滅させたんですね。
 

二本松薩摩藩邸跡小松帯刀屋敷跡石碑
左:二本松薩摩藩邸跡石碑 右:小松帯刀屋敷跡石碑
当サイト上京区史跡マップ左:⑥番の位置 右:⑤番の位置 MAPはこちら>>

八月一八日の政変、禁門の変のあと、
長州藩の薩摩藩への憎悪は相当なものになっていましたが、
龍馬や中岡慎太郎(なかおかしんたろう)らの
あっ旋によって、薩摩藩と長州藩は手を握ることに成功!

でも本当は、薩摩まで慎太郎が隆盛を鹿児島まで船で迎えに行き、
下関で下船してそこで同盟を結ぶはずが、
そのときは隆盛は船を下りずに京(現:京都)へ逃げてしまって
いったんはお流れになってしまっていました。

だけど、慎太郎も龍馬もそこであきらめなかったんですよね!

そして、慶応元(1865)年1月21日のことです。

二本松の薩摩藩邸で長州藩の桂小五郎(かつらこごろう)らと、
隆盛や大久保一蔵(利通)(おおくぼいちぞう(としみち))
小松帯刀(こまつたてわき)らが龍馬立ち会いのもと、
二本松の薩摩藩邸で薩長同盟を結んだんですね。

(小松帯刀の屋敷で締結したともいわれています。)
 

西郷隆盛と寺田屋にかかわる事件

材木小屋と龍馬伏見薩摩屋敷跡石碑
左:材木小屋内(霊山歴史館撮影コーナーにて撮影) 右:伏見薩摩藩邸跡石碑
右:当サイト伏見区史跡マップ⑤番の位置 MAPはこちら>>

薩長同盟を無事終えて、伏見の寺田屋に戻った龍馬は、
その夜、待っていた長府藩士の三吉慎蔵(みよししんぞう)とともに、
伏見奉行所の役人に襲撃されました。

龍馬は大ケガを負いながらも、なんとか寺田屋を脱出、
慎蔵とともに近くの材木小屋まで逃げ延びました。

そしてケガのなかった慎蔵が伏見薩摩藩邸へ報せに走って
龍馬は命を助けられたんです。

その後隆盛らのすすめで、
傷の養生と幕府からの追跡をのがれるために、
龍馬はおりょうも一緒に、薩摩(現:鹿児島)へ
日本で初といわれる新婚旅行を兼ねて旅に出たんですよね^^

そして、鹿児島から長崎に渡ってしばらくした
慶応2(1866)年12月に龍馬が故郷の乙女姉に出した手紙には、

『私し其内にも安心なることは、
西郷吉之助(さいごうきちのすけ)(西郷隆盛)の
奥さんも彼も、とっても心の良い人なれば、
此方へ妻など頼めば、何もきづかいなし。』

※私がそうしたなかで安心なことは、西郷吉之助の
奥さんも彼も、とても心のよい人なので
ここへ妻をお願いすれば、何も気遣いなし。

と書いているくらい、龍馬も隆盛のことを信頼していたんですね^^
 

寺田屋騒動石碑大黒寺 左:当サイト伏見区史跡マップ①番の位置 MAPはこちら>>

龍馬が幕吏に襲われた同じ寺田屋で、
龍馬の事件よりも4年前の文久2(1862)年4月23日。

薩摩藩の尊王派の志士たちが、
藩主の父島津久光(しまづひさみつ)の命令で
説得に来た同じ薩摩藩士に上意討ちされ、鎮撫されました。

伏見区の大黒寺に眠る9名の志士の墓石の横には、
隆盛が志士たちを弔うために、揮毫した墓碑が立っています。
 

西郷隆盛が利用した料亭

一力亭角屋
左:一力亭 右:角屋
右写真:当サイト下京区史跡マップ①番の位置 MAPはこちら>>

隆盛らは、豪商や、志士たちとの会合で
いろいろな料亭を使ったようです。

祇園にある一力亭は、現在も営業している格式の高いお茶屋。
赤穂浪士の大石内蔵助も通ったといわれる歴史のあるお店です。
ここへ隆盛や大久保利通らも通ったといわれています。

そして、日本三大花街の一つといわれた島原にある、
揚屋の角屋では、勤王活動の資金集めのために
豪商を招いて接待の場として使っていたそうですよ。

この角屋は、揚屋建築の唯一の遺構として、
国の重要文化財の指定を受けている貴重な建物なんです^^
 

史跡歩きメニューへ↑

 

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ