嵯峨野嵐山にある土佐四天王像と天龍寺

無動庵
無動庵(土佐四天王像) 右:当サイト右京区史跡マップ②番の位置 MAPはこちら>>

京都に幕末土佐四天王の像があると聞いて、
調べるとなんと嵐山の方にあるそう!

龍馬や武市半平太(たけちはんぺいた)
って嵐山に縁があったっけ?

本当にあるのか気になったので、
実際に見に行ってきました。

田園風景がひろがり、落柿舎の向かい側にある
「無動庵」というカフェの敷地に四天王像がありましたよ^^
 

土佐四天王嵐山土佐四天王説明
土佐四天王像 右:当サイト右京区史跡マップ②番の位置 MAPはこちら>>

四天王像の説明書きによると、

『風雲急を告げる幕末の京洛に於いて元治元年(1864)
坂本龍馬は中岡慎太郎と長州本陣天龍寺に長州藩士の
来島又兵衛、久坂玄瑞を訪ねるために立ち寄ったという
口碑を伝えている。』

と書かれていました。

「うーーーんっ!?
私の知っている情報とは違うような…^^;」

長州藩士らが天龍寺に集まっていた禁門の変の当時は、
龍馬は神戸海軍操練所の塾長として
勝海舟の門下生としての動きがメインのような…

もちろん、神戸と大坂(現:大阪)、京(現:京都)を
行き来していたのはまちがいないと思いますが…

半平太はその頃は土佐(現:高知)で投獄されていたはずだし、
吉村寅太郎(よしむらとらたろう)にいたっては、
そのときには、すでに亡くなっていましたから^^;

唯一、中岡慎太郎(なかおかしんたろう)は、
天龍寺にいたと思いますけどね^^;

ちょっと説明碑には、無理があるような気もしますが。

でも、こんなところにも幕末を支えた土佐藩士の像がある
っていうのは、感動ものです!

通り過ぎる人たちも、まさかこんなところに
龍馬像があるなんて思わないのか、
見つけると驚きながら通り過ぎていましたね^^

ただ、この四天王像の中で、龍馬以外の3人の顔は
きりっと引き締まっているのに、龍馬の顔だけは、
やさしいというのか、間が抜けた表情に見えるのは、
私だけなんでしょうか^^;
                

天龍寺と長州藩士

天龍寺門天龍寺
天龍寺 右:当サイト右京区史跡マップ①番の位置 MAPはこちら>>

元治元(1864)年7月のこと、
京を追われて長州(現:山口)に帰っていた長州藩士たちが、
藩主の汚名を晴らし、京の天皇を奪い取るべく
挙兵のために京へ上ってきていました。

総勢約2,000名の兵は3隊に分かれ、
山崎天王山、伏見長州藩邸とここ嵯峨天龍寺に陣営を構えていました。

この天龍寺を本拠地としていたのが
来島又兵衛(きじままたべえ)が率いる、
遊撃隊を中心とする500名でした。

そして、7月19日に禁門の変(蛤御門の変(はまぐりごもんのへん))前夜、
と呼ばれる事件が起き、長州藩は幕府軍勢に負けてしまって
朝敵となってしまったんですね。
 

天龍寺塔頭の弘源寺の柱には、禁門の変前夜に長州藩兵たちが
試し斬りをしたといわれる、柱の刀傷が残っているそうです。

さらに、天龍寺塔頭松巌寺の墓地には、
龍馬の銅像が立っているそうなんですよ。
 

中岡慎太郎写真

土佐四天王のなかで、唯一この時期ずっと長州藩士たちと
行動を共にしていたのが慎太郎です。

禁門の変にも参加していて、
来島又兵衛部隊とともに幕府軍と戦ったそうなので、
慎太郎だけは、この天龍寺に居たと考えられますね。
 

四天王像があるあたりの風景

嵯峨風景嵯峨竹林

土佐四天王の銅像がある付近は、
とっても自然豊かな風景で、
気持ちが洗われるような感じがします^^

田んぼが広がり山を間近に感じて、
近辺には竹林もあって…

春には桜、秋は紅葉がきれいですし、
目的なしに、ぶらぶらと歩くだけでも
とっても気持ちがいいですね^^

龍馬らが生きていた時代も、今とあまり変わらず
こんな風景が広がっていたような気がしますね。

京都の中でもこの辺りは竹林も有名ですね。
まっすぐに伸びたたくさんの竹を見ながら歩いていると、
本当に気持ちがいいものですね^^

でも、天龍寺に集まった長州藩兵たちは、
こんな竹林やのどかな風景を楽しむような心持ちでは
なかったでしょうね^^;
 

史跡歩きメニューへ↑

 

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ