京都下京区にある勤王志士幕末史跡マップ

京都市下京区の幕末にかかわる史跡、
特に倒幕派の志士にまつわる史跡は少ないですね。西本願寺

新選組の屯所があったからだとは思いますが…

そのためか新選組をイメージした銭湯の看板だったり、
新選組関連のものは、ちらほらと目にしました^^

勤王派の志士に関する数少ない史跡の中で、
龍馬とは直接深いかかわりはなさそうですが、
日本三代花街のひとつ「島原」の跡地がありますね。

島原入口の「島原大門」と、揚屋の「角屋」の
二つが当時の面影を残しています。角屋外観
「角屋」は、1641年建立で
重要文化財に指定されています。

ここには『久坂玄瑞の密儀の角屋』
と書かれた石碑が立っています。

角屋は、長州藩士の久坂玄瑞(くさかげんずい)たちや
薩摩藩の西郷隆盛(さいごうたかもり)たちが、
資金を集めるために、豪商を接待するのに使っていたそうですよ^^
 

京都下京区史跡マップ

マップスター

一つ前のページに戻る

下京区西側史跡マップ

1・2番拡大図 2番ポイント 1番ポイント

史跡ポイントマークをクリックしていただくと、史跡にまつわる記事へジャンプします。
※ジャンプしないマークはまだ記事がありません。m(__)m

マップスター

マーク1・2周辺拡大地図

 

史跡歩きメニューへ↑

 

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ