台風19号で龍馬や半平太、慎太郎も避難!?

高知駅前龍馬像

(写真:Yahoo!ニュースより引用)

 

今日(2014年10月12日)のYahoo!ニュースに、載っていました。

今回の超大型台風19号の接近に備えて、
JR高知駅前に立っている、坂本龍馬、武市半平太、中岡慎太郎の
3人の志士の像が撤去されて台風が過ぎるまで
高知県内の倉庫で保管されるそうです。

こういう像って、ずっとその場所にあるものだと思っていましたが、
保管のために撤去することがあるなんてびっくり!(笑)

実は、この像って、発泡スチロール製なんだそう!

ちょっと意外^^

発泡スチロールでできているから、
強風が吹くと壊れたりするかもしれないんでしょうねえ。

でも発泡スチロール製とはいっても
なんと、重さは約400㎏もあるそうなんですよ^^


比較的高知県は、昔から台風がよく来るところのようで、
龍馬は台風が来るのを予測して当てるのが上手だったとか?

“龍馬が江戸(現:東京)で台風が来そうになると、
千葉道場の門人を集めて、近所へ報せに行かせたり、
道場の窓や雨戸に板を打ち付けたりして、
とてもみんなにありがたがられた。”

なんてことが、
司馬遼太郎氏の「竜馬がゆく」の中にもありましたね^^

そんな龍馬が、まさか自分が撤去されて、
守ってもらう側になるなんて
思ってもいなかったでしょうね^^

台風の接近で、高知駅前の3志士達の像が撤去されるのは、
今年に入ってから2回目で、前回は7月にきた台風8号のとき。

でもその前の撤去は、2011年7月だったそうなので、
今年の台風の威力がわかりますよねっ。

やっぱり年々異常気象が増えてるんでしょうか…^^;

この撤去を最後に、異常気象もなく、
これから先はずっと、龍馬たちに見守っていてもらいたいもんですね^^
 

史跡歩きメニューへ↑

 

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ