八月十八日の政変は土佐藩志士にも影響が!

御所案内板御所の門
京都御所の案内図と御所の門(中立売門) 当サイト上京区史跡マップ⑦番の位置 MAPはこちら>>

文久3(1863年)年八月十八日、薩摩藩と会津藩らが手を組み、
公武合体派によって京都御所内から尊王攘夷派の公卿らと
長州藩が追放された事件が、その日付けをとって
「八月十八日の政変」といわれています。
 

黒船来航でペリーが日本に来てからというもの、
孝明天皇がとにかく攘夷(外国撃退)を求めていたので、
長州藩は、攘夷を行動であらわそうとします。

関門海峡を渡る外国船を攻撃したり、
江戸(現:東京)の英国公使館に火をつけたりしたわけです。

そして京(現:京都)では、長州を中心に尊王攘夷志士たちが
天誅(てんちゅう)といって
攘夷反対の佐幕派武士や公卿を暗殺したりと、
行動がどんどんと過激になっていったんですね。

で、結局そのあまりの過激さに、

「攘夷は嫌だけど、幕府を倒したいとまで思ってないし、
長州藩のやり方は強引すぎる!怖い!嫌いじゃ!」

と、時の天皇、孝明天皇から嫌がられてしまったんです。
そして、薩摩藩と会津藩が手を組んだ幕府側に心を許したんです。
 

長州藩邸石碑
長州藩邸跡石碑
当サイト中京区史跡マップ⑪番の位置 MAPはこちら>>

ついに薩摩藩と会津藩が中心になり、
文久3(1863年)年八月十八日に、
御所の堺町御門の警備を任されていた長州藩の任務を解き、
長州藩と懇意の公卿が御所内を参内することを差し止めました。

「前日までは、一生懸命尊王攘夷を行って、
天皇からも喜んでもらえ、寵愛を受けていたはずなのに…」

突然のどんでん返し!

天皇の心変わりを知らない長州藩勢は、
「天皇をたぶらかしたのは薩摩と会津だ!」
とばかりに、この両藩に対する憎しみをつのらせます。

でも、任務を解かれた長州藩は、
御所の門前で薩摩藩士や会津藩士に発砲したりすれば、
それこそ朝敵となってしまうわけです。

だから長州藩士たちは、
長州(現:山口)へと落ちていく他なかったんですね^^;
 

梨木神社梨木神社2
三条実美の屋敷跡(現:梨木神社) 当サイト上京区史跡マップ④番の位置 MAPはこちら>>

三条実美(さんじょうさねとみ)を筆頭とする、尊王攘夷の急進派の公卿たちは、
長州藩たちと手を組み、幕府に攘夷を決行させるため
さまざまな朝廷工作をしていました。

でも、八月十八日の政変で失脚し、
京を追放された三条実美ら7人の公卿は、
長州藩士たちとともに長州へと向かうことになったんです。

このときのことが「七卿落ち(しちきょうおち)」といわれているんですね。
 

八月十八日の政変と土佐藩浪士

中岡慎太郎写真

中岡慎太郎(なかおかしんたろう)は、八月十八日の政変後、
土佐藩内では土佐勤王党が弾圧されているため
土佐藩を脱藩し、長州へと渡りました。

そこで三条実美ら長州に逃げ落ちた
公卿の護衛をつとめています。

三条実美と各地の志士たちとの重要な連絡係ともなり、
また長州藩士たちとともに禁門の変に参加したり、
薩長同盟のための根回しをしたりと、
慎太郎の活躍が始まったんですね。
 

吉村寅太郎肖像画

慎太郎よりも早くから土佐藩を脱藩していた吉村寅太郎(よしむらとらたろう)

文久3(1863)年8月13日に
天皇みずからがが大和(現:奈良)にある神武天皇陵参拝と
攘夷のための作戦会議をするという、
大和行幸の詔が発せられました。

8月14日に、大和行幸の先鋒として
寅太郎たち30数名が大和へ入りました。

そこで寅太郎たちは、正義のための戦いとして
大和五条の代官所を襲撃したんです。

でも、その直後に起きた八月十八日の政変!

天皇の大和行幸も中止なり、
結局、寅太郎たちは反乱軍として追われる身になってしまい
最期は幕府軍に討たれて死亡。

この戦いには、長州藩士は一人もおらず、
脱藩浪士ばかりで土佐脱藩浪士が半分以上を占めていたんです。

都落ちの長州藩もつらかったでしょうが、
この天誅組の人たちは、自分の藩を捨て、長州藩をたよりに、
天皇のために、自分たちにとっての正義のために
戦っただろうと考えると、とても痛ましい感じがします。
 

武市半平太肖像画

文久2(1862)年から文久3年にかけては、
武市半平太(たけちはんぺいた)率いる
土佐勤王党にとって一番いいころでした。

長州藩と通じ、土佐藩を尊王攘夷の上士で固め、
裏では半平太が土佐藩の政治を操っていました。

しかし、文久3(1863)年の八月十八日の政変で
大きく変わってしまったんです。

長州藩が勢いづいているときは、半平太らをもてなしていた
前土佐藩主、山内容堂(やまのうちようどう)は、
長州藩が追い落とされたとわかった途端、
土佐勤王党の弾圧に乗り出したんです。

半平太も、京から土佐(現:高知)へ帰るように命じられ、
投獄された後、2年後の慶応元(1865)年5月11日に
切腹させられました。

龍馬肖像画

八月十八日の政変後に土佐勤王党の弾圧が始まった土佐藩から
龍馬にも土佐へ戻るようにと命令が出ました。

でも、龍馬は一度は自ら脱藩した身。

勝海舟の配慮で脱藩の罪は赦されたとはいえ
「わかりました。」
と、土佐へ帰るような人ではなかった!

結局そのまま土佐へは戻らず、
自動的に2度目の脱藩となってしまったんですね。
 

長州藩が政治の舞台から追い落とされたことで、
土佐藩の勤王志士達の運命も
大きく左右されてしまっていたんですね^_^;
 

史跡歩きメニューへ↑

 

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ