京都下京区にある坂本龍馬史跡マップ

京都市下京区にある歴史的に有名なものといえば、
西本願寺と東本願寺(真宗本廟)ですね。
下京区のエリアマップワンショット
幕末のもので、龍馬が直接かかわった
史跡というのは思い浮かばないんです^^;

多少龍馬とかかわりがありそうな史跡で
私が知っている、ひとつめのものは、
池田屋事件の発端となった
古高俊太郎が住んでいた跡地。

四条河原町上ってすぐの路地にあるので、
てっきり中京区だと思っていましたが、
ギリギリ下京区となっていました。

そして、龍馬が暗殺された後、陸奥陽之助(宗光)(むつようのすけ(むつむねみつ))
残された海援隊士が、龍馬暗殺の犯人と思いこんだ紀州藩士を
襲撃した天満屋事件の現場の跡地の2つくらいです。

幕末の史跡としては、どちらかといえば下京区のエリアマップワンショット
新選組関連のものが多いように思いますねえ。
西本願寺が新選組の屯所(詰所)に
なっていたことがあるくらいですもんね。

龍馬たち脱藩浪士や長州藩士などの勤王志士たちは、
新選組に目をつけられていたので、
新選組の屯所があるようなところへは、
あまり近づかなかったのかもしれませんね^^
 

京都下京区史跡マップ

マップスター

一つ前のページに戻る

下京区史跡マップ

3番ポイント 2番拡大図 1・3番拡大図 2番ポイント 1番ポイント

史跡ポイントマークをクリックしていただくと、史跡にまつわる記事へジャンプします。
※ジャンプしないマークはまだ記事がありません。m(__)m

マップスター

マーク1・3周辺拡大地図

マップスター

マーク2周辺拡大地図

 

史跡歩きメニューへ↑

 

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ